グランリビオ高見七条 水辺の杜

上記掲載の現地周辺写真は、近隣の建物から撮影したもの(平成29年7月)に桜をCG加工しています。実際とは多少異なります。
上記掲載の現地周辺写真は、近隣の建物から撮影したもの(平成29年7月)に桜をCG加工しています。実際とは多少異なります。

街づくりのテーマは
「桜と水辺とふれあいの街」

1996年度から始まった「八幡高見地区住宅市街地総合整備事業」では、複数人のアーキテクト(建築家)が参加して、個性あふれる街づくりを行う“マスターアーキテクト方式”を採用。アーキテクトを取りまとめる役割(マスターアーキテクト)は、日本を代表する建築家 内井昭蔵氏が選ばれ、「桜と水辺とふれあいの街」というテーマを掲げて着々と街づくりが進行。桜並木、豊かな緑地、板櫃川のせせらぎなどの自然環境を生かしながら、北九州市を代表する上質な街づくりが推進されました。
八幡高見地区住宅市街地総合整備事業イメージ図
※掲載のイメージ図は実際とは異なります。
1
2
  • 1高見中央公園 徒歩5分(約400m)
  • 2高見緑道 徒歩3分(約240m)
高見の各通りには樹種の異なる桜並木を創造。
春、いつもどこかの通りが満開の花で
彩られるように。
思川(オモイガワ)
山桜(ヤマザクラ)
染井吉野(ソメイヨシノ)
普賢象(フゲンゾウ)
関山(カンザン)
関山(カンザン)
紅枝垂(ベニシダレ)
  • 1高見中央公園 徒歩5分(約400m)
  • 2高見緑道 徒歩3分(約240m)

公園や河畔も整備された
官民一体のプロジェクト。

「八幡高見地区住宅市街地総合整備事業」プロジェクトの総面積は約45ha。住宅だけではなく、道路、公園、河川、商業施設などの総合的な整備が官民一体となって進められました。例えば、地区道路は歩行者の安全性への配慮と同時に、電線類もすべて地中化され優れた景観を創出。花見シーズンに賑わう高見神社横には「高見三条さくら公園」が生まれ、自然体験とコミュニティの場として板櫃川「水辺の楽校プロジェクト」も推進されました。商業施設をはじめ、銀行や郵便局などが集約されたセンターゾーンも誕生。そして、潤いと利便性に恵まれたこの街のランドマークとして、「グランリビオ高見七条 水辺の杜」がいよいよ始動するのです。
高見中央公園
1
街のほぼ中央に位置する高見中央公園は、約1haの広さ。スポーツなどが愉しめる多目的広場と、休養•散策のできる憩いの場が一体となったコミュニティスペースで、家族連れなどで賑わう場所です。
高見緑道
2
受け継がれてきた既存の桜のトンネル(桜並木)を活かし、季節感溢れる緑道が整備されています。春の散策はもちろん、歩行者に安心の道は、ペットとのお散歩などにも重宝します。
保存緑地
3
街を見守るように、高見の北面には壮大な森が広がっています。遊歩道散策、バードウォッチングが愉しめる保存緑地は、環境共生のシンボル。また遊歩道は北九州市立美術館へと続き、文化とふれあえるシーンも身近です。
水辺の楽校プロジェクト
4
親水河川として位置づけられた板櫃川。「まちの中の冒険」をテーマに、子どもたちが水辺で遊びながら自然体験ができる空間を創造しています。地域の方々が憩い、心癒されるスポットとしても活用されています。
  • 1高見中央公園 徒歩5分(約400m)
  • 2高見緑道 徒歩3分(約240m)
  • 3image photo
  • 4image photo

美しく統一された街は、
「公益社団法人都市住宅学会 都市住宅学会賞・業績賞」を2015年に受賞。

北九州市との官民一体のプロジェクトとして推進された高見の街づくり。地区全体を考えるマスターアーキテクト、その指針に基づき具体的な街づくりを提案するブロックアーキテクトが携わり、相互のデザインコーディネートを行うことで質の高い街が誕生。統一された美しい街が評価され、都市住宅学会賞および業績賞を受賞しています。
高見の街づくり

スキーム図

八幡高見地区住宅市街地総合整備事業

事業の内容

北九州市のほぼ中央に位置する高見地区は、東西の都市軸である県道大蔵到津線に沿って、新日鐵住金の社宅群を中心に閑静な住宅地として知られています。地区の周辺には市立美術館、桜で有名な高見神社などがあり、また小倉中心部への利便性も高いなど、本市のなかでも有数の恵まれた居住環境にあります。かつては、約300世帯、1,000人の暮らす街として地区周辺ととも栄えてきましたが、社宅の老朽化、都市基盤整備の遅れ等により近年人口や世帯数が減少し、市街地の中で空洞化が進行する状況にありました。当事業は、地区の豊かな緑地、板櫃川のせせらぎ、桜並木などの自然環境を生かしながら「桜と水辺とふれあいの街」をテーマに住宅、道路、公園、河川、商業施設等の一体的整備を進め、北九州市を代表する高品質な街づくりを行い、定住促進及び地区の活性化を図るものです。

計画の概要

■住宅箇所
北九州市八幡東区高見2丁目 他
■事業面積
約45.0ha(拠点開発区域 約28.0ha)
■事業主体
北九州市、北九州市住宅供給公社、民間 他
■事業期間
平成8年度〜平成18年度
■総事業費
約500億円
■事業内容
1.住宅建設戸数
計画戸数/約1,000戸(戸建住宅/約100戸 集合住宅/約900戸)
2.公共公益施設
・道路、街路、公園、河川、上下水道、電線等の地中化 等
・市民福祉センター、消防出張所、郵便局、 等
・商業施設

100年の街づくりを経て、
情緒豊かな住宅地へと進化。

高見中央公園 徒歩5分(約400m)

高見の桜には、
美しい理由があります。

この地の桜の歴史は、
官営八幡製鐵所の官舎が移設された約100年前から。京の都にならった
街並みに、人々は桜の木を植え、雅やかな京の風情を取り入れようとしました。開発が進むと同時に桜の植栽は進み、花の季節を永く愉しめるように
樹種の異なる桜が選ばれています。
板櫃川イメージ

水辺の潤いを愉しむ
伸びやかな永住の地。

板櫃川は潤いの景色を届けると同時に、
やさしい川風を生み出し、
大らかな空をもたらす恵みの川です。
水辺の散策やジョギング、
大人の憩いや子どもの自然体験をサポートし、
心癒される爽快な暮らしを満喫できます。
板櫃川イメージ
板櫃川イメージ

水辺の潤いを愉しむ
伸びやかな永住の地。

板櫃川は潤いの景色を届けると同時に、
やさしい川風を生み出し、
大らかな空をもたらす恵みの川です。
水辺の散策やジョギング、
大人の憩いや子どもの自然体験をサポートし、
心癒される爽快な暮らしを満喫できます。
板櫃川イメージ
高見中央公園 徒歩5分(約400m)

価値あるものを継承し、
由緒ある邸宅地は、未来へつづく。

時に磨かれた街並みに、
永遠を感じる。
街の住みやすさを維持するために、建物のデザインコードが決められた戸建住宅地や、街との調和を考えた集合住宅が建ち並び、いずれも豊かな植栽を施しています。高見の歴史や風情を大切にする想いが街並みの美しさを支え、未来へつなげます。
高見周辺イメージ
時に磨かれた街並みに、
永遠を感じる。
街の住みやすさを維持するために、建物のデザインコードが決められた戸建住宅地や、街との調和を考えた集合住宅が建ち並び、いずれも豊かな植栽を施しています。高見の歴史や風情を大切にする想いが街並みの美しさを支え、未来へつなげます。
高見周辺イメージ
センターゾーンを中心に
生活施設が充実。
街の中心には暮らしの利便性を担うセンターゾーンが位置。
「グランリビオ高見七条 水辺の杜」に近接したポジションとなり、毎日のお買物に便利なスーパー、安心の各科医療施設、金融機関などを便利に利用できます。
高見周辺イメージ
リバーサイド荒生田店 徒歩3分(約240m)
センターゾーンを中心に
生活施設が充実。
街の中心には暮らしの利便性を担うセンターゾーンが位置。
「グランリビオ高見七条 水辺の杜」に近接したポジションとなり、毎日のお買物に便利なスーパー、安心の各科医療施設、金融機関などを便利に利用できます。
電線・電柱のない
開放的な街並みを散歩道に。
高見は開放感という財産も、継承しています。視界を遮る電線を地下に埋設し、電柱のない見通しのいい通りを実現。
伸びやかな空や豊かな緑を満喫しながら、バリアフリーに配慮された道を散策できます。
高見周辺イメージ
高見周辺イメージ
電線・電柱のない
開放的な街並みを散歩道に。
高見は開放感という財産も、継承しています。視界を遮る電線を地下に埋設し、電柱のない見通しのいい通りを実現。
伸びやかな空や豊かな緑を満喫しながら、バリアフリーに配慮された道を散策できます。
高見周辺イメージ
暮らしの輝きや高見の情景は、
何年先もきっと変わらない。
受け継がれた歴史や緑、静謐な空気感を大切にすること。
高見の街の美しさは、その想いから生まれ、
次世代へ継ぐべきものとしてここにあります。
風格を纏う景色も利便性の良さも、
ゆっくりとした時の流れを刻むために。
高見を選ぶこと、住み続けることは、
かけがえのない選択として人生を豊かに変えます。
高見周辺イメージ
北九州市立美術館 徒歩15分(約1,150m)
暮らしの輝きや高見の情景は、
何年先もきっと変わらない。
受け継がれた歴史や緑、静謐な空気感を大切にすること。
高見の街の美しさは、その想いから生まれ、
次世代へ継ぐべきものとしてここにあります。
風格を纏う景色も利便性の良さも、
ゆっくりとした時の流れを刻むために。
高見を選ぶこと、住み続けることは、
かけがえのない選択として人生を豊かに変えます。
高見周辺イメージ
高見周辺イメージ
高見周辺イメージ

高見の美しい四季

1 2 3 4 5 image photo image photo

資料請求いただくと
詳しい間取り等の資料をお送りいたします。

※掲載の環境施設写真は2017年4月・7月に撮影したものです。
※掲載の徒歩分数は、現地からの距離80mを1分として算出(端数は切り上げ)しております。

TOP